【リスク検定】団体受験とは | リスクマネジメント協会
リスク検定
企業・団体試験ついて
団体受験とは
団体受験とは、企業や組織、団体、大学、専門学校、各種教育機関等が、所属する社員、学生、関係者を対象に、単体で「リスク検定」試験を実施するシステムです。

団体受験の特典

  • 社員教育、研修等主催者の目的に合わせ試験ができる
  • 主催者のスケジュールで試験を実施できる。
  • 主催者が所有する施設内で試験を実施できる。
  • 受験者数により、団体割引、試験実施手数料、施設利用料等の割引が受けることができる。
団体試験申請の条件
試験実施責任者としてリスクマネジメント協会リスク検定委員会に代わり、責任を持って試験を実施していただける組織、団体に限ります。

団体試験実施規程

  1. リスク検定試験実施機関登録申請書により、組織の登録をおこない、リスクマネジメント協会リスク検定委員会より承諾を得ること。
  2. リスク検定試験実施規約の内容を十分理解し、情報保護に関する誓約書に署名、捺印し、その順守を約束すること。
  3. 試験はリスク検定委員会の指示に従い、不正が起こらないよう厳正に監督すること。
  4. 試験会場としてふさわしい施設、環境、備品、監督者を確保すること。
  5. 試験実施マニュアルに則り、問題、解答用紙の扱い、試験開始時間、終了時間等申請した試験実施内容を順守すること。
  6. 試験問題のコピーや複製、カンニング、妨害等不正な行為がないよう厳正に監督すること。
  7. 個人情報の漏えいに関し、細心の注意を払うこと。また、事故、事件が発生した際は、速やかにリスク検定事務局へ連絡すること。
  8. リスクマネジメント協会リスク検定委員会からの問い合わせや連絡に対し、積極的に協力すること。